埼玉で1000万の予算で家を建てるなら

埼玉で自分の思い通りの家を1000万円で建てることはできるのでしょうか。注文住宅を建てるのは予算がかなりかかりそうなイメージがあります。家を建てる時は、なるべく低予算で抑えられれば、家計を圧迫せずに済みます。埼玉で家を建てる場合、まず土地探しから行うのが一般的です。しかし、土地探しをした後に家を建てるという順番で行うと、大抵あまりうまくいきません。不動産会社は土地を先に売ろうとしますし、建築会社は建てる家に合った土地を探そうとするためです。不動産屋と建築会社のどちらかの意見で決めてしまうと、土地と建物のつり合いが取れない家になってしまいます。家を建てたい場合は土地と建築会社を並行して探して、自分が建てたい家に合う土地を探していくことが、満足のいく家を建てられるポイントです。

埼玉で1000万円の家を建てるためのポイント

埼玉の家の広告などに掲載されている坪単価は、建築会社ごとに定義が異なります。一般的には坪単価には、建築費用の70%ほどの費用しか入っていません。建設費用や諸費用などは除かれているというのがほとんどです。坪単価には何が含まれているのかをしっかり確認しておかないと、1000万円を超えてしまいます。複数の業者から見積もりを取り、不必要な費用を支払わないようにしていく必要があります。建物にかかる費用は、土地の形や何階建てにするのかによって変わってきます。基礎工事のやりやすさや費用の点から言うと、凸凹の土地よりも四角形の土地の方が安く上がります。面積は同じでも、平家の場合はより広い面積が必要ですし、3階建てはしっかりした基礎が必要です。四角い土地で二階建ての家を建てるのが、価格的に一番安くなります。

建築会社の選び方で1000万円の家を埼玉で建てることも可能

埼玉で1000万円の家を建てられるかどうかは、建築会社の選び方にかかっています。建物にかかる費用は、材料費と人件費、販売促進費を合わせたものとなっています。建築会社で言うと、工務店が最も安く、ハウスメーカーが最も高くなっています。テレビCMなどで見かける有名ハウスメーカーなどは、人件費や販売促進費が多くかかっているため、費用が高くなります。それほど有名でない工務店でも、デザイナーによって、ハウスメーカーに引けを取らない家を建てることは可能です。地域に密着してその土地に合った建物を建てられる上に、広告宣伝費などをあまりかけていないため、良心的な値段設定で家を建てることが可能です。埼玉で家を建てる際には、複数社から見積もりを取って、価格差は何が原因で発生しているかを検証することが大切です。

「ポラスが分かるバスツアー」は、大型バスに乗っていく日帰り旅行気分の”ウラ側”を見るバスツアーです。新都心展示場は、延べ面積34坪のリアルサイズ「家事ラクラク奥様驚きの家」がコンセプトです。浦和展示場は昭和初期のお団子やさんのような「ホッとする畳リビングの家」がコンセプトです。ポラスの注文住宅は、デザインも耐震も妥協しません。3階建ては、小さな土地でもても広く暮らせるアイデアがたくさんあります。埼玉で1000万代で家を建てたい方はこちらにご相談ください